むくみ 予防

むくみ予防・改善に効果的な方法は?

MENU

むくみ予防・改善に効果的な方法は?

むくみ 画像

むくみ予防・改善に効果的な方法があります。
それらはどれも、今から取り組めるような簡単に実行出来る
ものばかりです。

 

健康的でスラッとしたむくみにくい美しい体になるために、
しっかりポイントを抑えて生活していきましょう!

 

 

 

 

むくみ予防の方法

 

食事やサプリメントで栄養補給

 むくみ 画像

 

体内の乱れがちな水分バランスを正常に整えたり、余分な脂肪を
しっかりと燃焼して筋肉生成をサポートする成分を摂取することが、
むくみ予防に効果的です。

 

タンパク質なども必要な成分ですが、特に積極的に摂取して欲しい成分は、
食事で摂取が難しく不足しやすい、しかも不足してしまうとむくみの
原因になってしまうミネラル類は、サプリメントでお手軽に摂取していきましょう。

 

ミネラルの中でも、利尿作用と不要な塩分排出を促してくれる
効果などがあるマグネシウム・カリウムがおすすめです。

 

 

水分補給

 むくみ 画像

 

水分の過剰摂取はむくみの原因ですが、逆に水分不足も実は
むくみの原因となってしまうんですね。

 

日中は水分をこまめに摂取し排出することで、体内のめぐりを良くでき、
不要な老廃物を溜めることなく流せます。

 

さらに、夜は冷たいものではなくあたたかいものを飲み、体を内側から
冷さないよう注意しましょう。

 

 

軽い運動やストレッチ

 むくみ 画像

 

運動不足などで筋肉が衰えてしまうと、血流・リンパのめぐりが
悪くなります。

 

軽い運動やストレッチでも違ってきますので、例えば通勤時に
いつもより長く歩く、エスカレーターではなく階段を使用するなど、
特にむくみの起こりやすいふくらはぎの筋肉を意識して
動かすようにしましょう。

 

人間は、同じ姿勢で1時間以上いると圧迫され筋肉が固まったり、
血流・リンパの流れが滞ってしまうので、姿勢を時々変えたり、
休憩してストレッチをしたりして予防しましょう。

 

 

塩分・アルコールの摂取に注意する

 むくみ 画像

 

塩分のナトリウムは、水分保持能力が高く体内で余分な水分まで
取り込んで溜めてしまう場合があるので、塩分摂取に注意しましょう。

 

 

また、アルコールを摂取すると水分が血管から組織内に漏れ、
むくみが起きてしまいます。

 

さらに利尿作用もありますので、あまり摂取しすぎると
脱水状態が引き起こされてしまいます。

 

アルコールは老廃物の分解・排出を行う肝臓にもダメージを与えますので、
肝臓が必要な時に働けるよう適度に休ませるのが大切です。

 

 

ピタッとした締め付ける衣類

筋肉・リンパ節・血管を圧迫してしまうと、めぐりが阻害され
むくみが起きますので、我慢や無理せずに少し余裕のあるサイズや
適正サイズの衣類を着用しましょう。

 

 

むくみ緩和・改善方法

 

むくみケアに効果的なサプリメント

 むくみ 画像

 

これが一番手軽で、さらに効果的な方法と言えます。

 

むくみの原因を体内からしっかりと解消して予防・改善できる
有効成分以外に、体の悩みで多い脂肪蓄積・冷え性を解消できる成分なども
プラス配合されているサプリメントが多いので、様々なお悩みに
アプローチしてくれます。

 

即効性の期待できるむくみ解消マッサージなどとサプリメントの服用を
併用するのがおすすめです。

 

 

リンパマッサージ

むくみ 画像

 

体内のリンパ液のめぐりには、余分な水分排泄・老廃物排出・
体液循環を整え正常化してくれる作用があり、むくみの改善にも
効果があります。

 

なので、リンパの流れが滞り悪くなってしまうと、余計な水分や老廃物が
体内に残ってしまいむくみになってしまいます。

 

そこでリンパを流すマッサージをするのが、むくみ解消にとても効果的です。

 

 

しかし、いくら効果のあるリンパマッサージとは言っても、
一時的な対処療法でしかありません。

 

リンパ液のめぐりと言うのは、普段から運動して筋肉を刺激し、
栄養素をしっかり摂取していれば、マッサージをしなくても正常に
体内を流れてくれます。

 

リンパマッサージを取り入れながら、なるべく日常生活の中での
健康維持を行っていきましょう。

 

 

半身浴・足湯

 むくみ 画像

 

体の冷えを解消しあたためて血行促進をすることは、
血流・リンパの促進、内臓を活性化、新陳代謝促進のためにも大切です。

 

 

弾性・着圧タイツ

 むくみ 画像

 

筋肉に無理のない適度な負荷をかければ、筋力の血流ポンプ機能を
アップさせたり、余分な水分の細胞への染みだしもきちんと防ぎます。

 

有名なのは、足が疲れてむくんだ時などに履くタイプですが、
むくむ前に履いておくことで予防効果が期待できますので、なるべく
外出や仕事前に履くのがおすすめです。